トータルコーデで選ぶフェルトハットの着こなし方

オシャレな方にとっては既にマストアイテムになっているハットですが、カジュアル系のリラックスファッションだけでなく、フェミニン系のファッションにも相性が良いのがフェルトハットです。フェルト製のハットは、肌触りも優しいタイプが多く、特に秋から冬にかけての寒い時期には温もりも感じられるという魅力を備えています。しかし、これから購入する予定の方にとっては、どのように着こなせばオシャレに見えるのか、迷う方も多いでしょう。フェルト製のハットは確かにファッションのアクセントとして使えますが、着こなしを誤ってしまうとハットが持つ良さが出せません。せっかくハットを取り入れたコーデにしたいなら、全身のコーデがオシャレに見える着こなしが知りたいという方が多いのではないでしょうか。今回は、トータルコーデで選ぶフェルト製ハットの着こなし方をご紹介します。

カジュアルにまとめたいならカラーを意識して

休日スタイルとしてカジュアルな雰囲気にまとめたいなら、トータルコーデとして全身のバランスがよく見えるようにフェルトハットのカラーを選びましょう。例えば、カーキのワイドパンツにテラコッタのノースリーブを合わせる着こなしの場合、ブラウン系のフェルト製ハットをプラスすれば、オシャレ上級者の休日風コーデが完成します。ハットのカラーは、パンプスのカラーと合わせてもオシャレ。ハットを被らないとリラックスカジュアルになりますが、フェルト製ハットを追加するだけでハイセンスな雰囲気になり、ゆるすぎないトータルコーデになります。カラーコーディネートは重要なポイントになりますので、ワンピースを着る場合には、ワンピースと同系色のハットにするか、ワンピースのデザインに使われている色と同じカラーのハットをチョイスすると、ハットだけ浮いてしまうという心配もないのでお勧めです。

フェルト製のハットはボヘミアンテイストにも最適

カットオフのデニムにスリーブがフレアになっているブラウスを合わせるボヘミアンスタイルには、つば広のフェルトハットがよく似合います。トップスのカラーと同系色のハットをチョイスすることもできますが、シューズやベルト、バッグの色味と合うカラーを選ぶと、全身が引き締まって見えるのでお勧めです。また、ミリタリーブルゾンに黒のワイドパンツを合わせたファッションに、黒のフェルトハットを合わせるコーデなら、カッコいい雰囲気の着こなしになります。白のスニーカーやバッグをプラスすると、トータルコーデの印象が重くなりすぎず、爽やかでクールなイメージを演出できます。ちなみにフェルト製ハットはワイドパンツとの相性が抜群で、コンパクトなシルエットのトップスに合わせると、小顔効果も得ることができます。