フェルトハットと見た目の特徴と肌触り

今日のコーディネートはシンプル過ぎる、そろそろマンネリ化してきた、コーディネートを考えている時間がない。そんな時に重宝するのがハットですよね。いろいろなタイプのハットを持っている人も多いことでしょう。中でも秋冬に活躍してくれるのがフェルトハットです。シーズン到来とともに街中でかぶっている人を多く見かけます。フェルトハットといえば、ソフト帽や女優帽など、どこかクラシカルなイメージを持っていました。ところが最近ではファストファッションのショップでも扱っていて、気軽にファッションに取り入れられている様子です。あらゆるアイテムを日常に取り入れて着こなす楽しみが広がる昨今、でも実はそのアイテムについてよく知らないこともありますよね。そこで今回はフェルトハットの魅力を見てみます。

色も種類も見た目は様々。なりたい雰囲気で選べます。

一口にフェルトハットと言っても、やはり値段は様々です。当然値段によって見た目の印象は違ってきます。あまり安いものを選ぶと、極端にウールの量が少ないのでどうしても安っぽく見えてしまいます。逆に、ウールがある程度使われていて厚みのあるものは高級感や上品な印象を与えたり、おしゃれにみせる効果が高いのです。 デザインも様々で、中折れ帽は男らしさや知的さを感じますし、丸顔の人によく似あうとされるボーラーハットはどこか可愛くチャーミングな印象です。つば広帽なら大人の上品さといったところでしょうか。カラーも重要です。同じフェルト素材、デザインであってもネイビーならクール、カーキならカジュアルというように見え方が異なります。しかし、ある程度以上の品質のものなら基本的には落ち着いた印象を持っています。

手触りで感じてください、ものの良さを。

素材が異なれば当然肌触りも違います。羊毛フェルトのハットならメリノウールがやはり、手触りの面では優れています。メリノウールは毛が細かいので柔らかな手触りが特徴です。その上を行くのが兎毛です。兎毛を使ったラビットファーフェルトは、羊毛フェルトよりも希少な高級品です。その肌触りは実に滑らかで、見た目の光沢の美しさもあって愛用している人が多いのもうなずけます。ではその上は一体何でしょうか。それはビーバー毛を使ったビーバーフェルトのハットです。かつてはヨーロッパ貴族から英国紳士までが愛用したという伝統あるビーバーフェルトのハットは超高級品です。滑らかさと暖かさ、しっとりとした肌ざわりはカシミアにも引けをとりません。そこまでこだわらないという方も、一度実際触ってみてはいかがでしょうか。虜になってしまうかもしれません。

当社は1万人を超えるお客様からご支持を頂いておりお客様の生の声をご紹介させて頂いております。 ご購入の金額によっては商品の送料が無料となります。 帽子の選び方や被り方にお悩みの方でもあなたにあった帽子が見つけられるように帽子についてのご紹介を詳しく掲載しております。 特集も多数掲載させて頂いておりますのでぜひ楽しみながら帽子選びをしてみてはいかがでしょうか。。 フェルトハットをお探しならブランド専門の時谷堂百貨