インシデント管理のやり方の推移を年代別に解説します

インシデント管理 やり方

インシデント管理を使ってインシデントを解決するやり方には6つのステップがあります。1つ目が受付です。インシデントが発生するとすぐに登録され担当者へ通知されます。2つ目が分類です。インシデントの内容をもとに分類をされ、現状を知ることができるようになります。3つ目が優先度の決定です。インシデントの内容によってはサービスへの影響が大きく変わってくるため、内容をもとに優先度が決まります。4つ目が調査と診断です。インシデントを調査し、どうすればいいかを診断、解決します。5つめが回答です。解決されたインシデントの内容などを担当者へ報告します。6つめに解決とクローズです。インシデントの内容を保存し、再発しないように改善する時や、再発した時に活用します。プログラムの改善により様々なことができるようになってきました。

インシデント管理を使って問題解決のやり方

インシデント管理を使うことにより、問題解決などが効率的にできるようになります。問題解決だけでなく作業効率を上げたり、生産性を高めたりと、やり方によって様々なメリットが生まれます。インシデント管理を行う時は、管理したい作業をシステム化する必要があります。システム化することにより、新たな改善点や問題などを発見させることができるので、今の業務を見直すことができます。サービスなどの停止やサービスレベルの低下などもすぐに可視化できるようになり、対応を早めることができるようになります。再発しやすい問題やインシデントを発見することができるので様々な問題を解決できることに繋がってくれます。ツールなどを使うことにより更に効率的に管理をすることができるようになり作業負担も大幅に減らすことができるようになります。

インシデント管理を使って作業効率アップのやり方

インシデント管理を使うことにより、まずは作業をシステム化し、作業を見直すことができます。今まで気づくことができなかった問題点や改善点を発見することができるのでより作業効率や生産性を上げるという事に繋がってくれます。システム化をすることにより誰でも同じレベルでの作業をできるようになるので、全体的なレベルの底上げができるようになり、サービスなどの質を上げることもできるようになります。手作業で管理をしていた時よりも多くの管理をすることができますし、作業負担や作業時間も大幅に減らすことができます。人件費の削減や時間の削減にも大きく貢献してくれ、新たなサービスや質をあげたりと様々なところで貢献してくれることになります。インシデントを管理するやり方で、さらなる事業拡大なども可能になってきます。